テックプログレス

好奇心と学ぶ力が伸びる!愛媛県松山市の子どもが
小学生からプログラミング・ロボット制御などを
学ぶならテックプログレス

教育的な課題意識

テックプログレスでは大きく2つの課題意識を持って、子どもが生涯に渡って学び続けられる力を育成するともに、親御さまが持つ子どものデジタル依存への懸念を解決するサービスとして提供を始めました。

プログラミング教育必修化の流れもありますが、その社会的な流れ以上に、子どもが学ぶことが好きになる、前向きに取り組めるようになる、周りの様々な事柄に疑問や興味を持つようになるために、デジタル機器を使ったものづくりを通した学習が最適だからこそ、IT✕ものづくり教育を選択しています。

課題意識①: 生涯に渡って学び続けられる力が育成できていない

OECD「PIAAC 2012」データによると、日本の成人男性の持つ知的好奇心とスウェーデンの65歳が持つ知的好奇心が同程度だと示しています。
現在の日本の子供時代の教育には、生涯に渡って学び続けられる力を養うことができない、という課題があります。

課題意識②: 子供は自由時間の8割デジタル機器、インターネットを使って遊んでいる

内閣府「青少年のインターネット利用環境実態調査」の発表(2017年3月時点)では、小学生は1日に平均1時間24分間インターネットを利用しているとされてます。

1時間24分という時間は、学校や食事、宿題に取り組む時間を除くと、自由に使える時間の80%をゲームや動画(YouTube)視聴に使っていることになります。
これらに向かう情熱や関心、集中を他のことに向けてくれたら、と考えている親御さまは少なくありません。

無料体験教室を通じて、教室まで足を運んで教室の雰囲気や、
具体的な授業の内容を見にいらしてください。
また、1日完結教室に参加してみてください。
学年、性別、性格問わず誰でも参加できるプログラムをご用意しています。
お子さんの興味や関心が引き出されて、好奇心に火がつくかもしれません。