子ども・小学生のプログラミング・ロボット教室テックプログレス|愛媛県松山市・広島市中区・大阪市北区

問合わせ電話:089−906−8100小中学生向けプログラミング・ロボット制御を
学ぶなら テックプログレス 【愛媛・広島・大阪】
まずは、無料体験にご参加ください!

教室ブログ

2017年10月13日 更新 教室ブログ松山はなみずき校松山山越校

【開催レポート】通学生による年1回の発表会イベント『第3回 テックプログレスDAY』

2017年10月9日(祝月)に通学生を対象に「第3回 テックプログレスDAY」を開催しました。
テックプログレスDAYとは、通学生が日頃の学びの成果・成長を親御様はじめ一般企業の審査員やその他外部参加者などに見てもらう発表会イベントです。
3回目の開催となる今回は、過去2回実施しているハッカソン大会に加え、新たにロボットコース受講生が参加する「ロボコン大会」、また低学年(小学1,2年生)も対象にした「ハッカソン大会 低学年の部」も同時開催しました。
ハッカソン大会では、テーマに沿って身の回りの課題解決をチームで目指すことで、単に自身が遊んで楽しいゲームを作るのではなく、プログラミングをツールとして活用することでそれが私達の生活にどう活きてくるかということを体験してもらう貴重な機会となっています。

今回の開催にあたっては、アカマツ株式会社様サイボウズ株式会社様ソフトバンクコマース&サービス株式会社様にご協力をいただきました。
また、サイボウズ株式会社様には、『サイボウズ松山オフィス』をメイン会場としてご提供いただきました。素敵な環境をありがとうございました!

▼第2回 テックプログレスDAY 開催レポート

テーマは「勉強に役立つゲームアプリ!」
まずはチームでアイデアを出し合うところから

まずは、ハッカソン大会 中高学年の部が他のイベントより一足先にスタートしました。
テーマは、「勉強に役立つゲームアプリ」
テックプログレスキャラクターてっくんが、最近学校の成績が伸び悩み、特に「算数:かけ算・割り算」、「国語:漢字の部首名」、「社会:都道府県名、地図記号」を苦手としているという設定にしました。
また、性格としては怠け者でゲームが大好きであるといった細かな設定も共有し、それらをもとに、成績アップにつながるゲームを作りましょう、というテーマを出題しました。

子どもたちは、どれかひとつの分野を選定し、なぜその分野の成績が伸び悩んでいるのか、そのためにはどのようなアプローチを仕掛けることが大切か、またその仕掛けで怠け者のてっくんが学習を続けられるか、ゲームジャンルはなにが最適か、など様々な視点から議論を交わし、ひとつの作品イメージを作り上げていきました。

作品イメージが出来上がったあとは、いよいよ制作です!
3人1組のチームプレイのため、ディレクター、プログラマー、デザイナーとそれぞれ役割を分担し、約3時間と限られた時間の中で最大限のパフォーマンスを発揮するよう努めている様子が見られました。

ロボコン・ハッカソン低学年の部もスタート!
ロボットは基本操作学習、低学年はアイデア出しから

ロボットコース受講生には、今回「ロボット騎馬戦大会」を開催しました。
ロボット騎馬戦大会とは、STEMロボット「mBot(エムボット)」に、風船と竹串を装着し、Bluetoothによる遠隔操作でロボットを制御し、相手の風船をより早く割ることができれば勝利というバトル大会です。

通学期間によって、学習内容も異なるので午前中は基本操作をみんなで学習しました。
一斉に9台ものmBotをBluetooth接続しようとしたため、やや接続に苦戦しました。。
今回は単に風船を割ることができれば勝利というわけではなく、魅せるパフォーマンスも評価する審査基準を設けていたので、各々LEDを光らせたり、音を鳴らしたりと、工夫が見られ面白かったです。

ハッカソン大会 低学年の部も、まずはテーマに沿ってアイデアを出し合うところから挑戦しました。
テーマは、「てっくんの誕生日を祝うバースデーカードをつくろう」
てっくんは、てっ=10月、くん=9日ということで、テックプログレスDAY開催の10月9日が奇遇にも誕生日!(笑)
そんなてっくんを祝おうということで、Scratchを使って、デジタルなバースデーカードの制作に取り組みました。
「どんなスプライトを使おうか」、「録音して音源とかつけるといいよね」、「見た目は明るいほうが良いかな」などと、自身が当事者だとどんな仕掛けがあると嬉しいか、めいいっぱい想像してアイデアシートを埋める姿が印象的です。

まだ通学間もない子がほとんどのなかで、かなり不安が多かったですが、普段とは違う共同作業もケンカすることなく楽しく取り組めており、当初の不安はすぐに消え去りました。
子どもは大人が思っている以上に能力が高いことって多いですよね。そうしたことに気づけたのもいい機会だったなと思います。

いよいよ発表会

午後になると、各会場で発表会・トーナメント戦が始まりました。
まずは、ロボコン大会!
1m×2mのフィールドを前に、二人のプレイヤーが熾烈な争いを繰り広げていました。
風船が「バンッ!」と割れると、会場からは大きな歓声が上がり、大いに盛り上がりました!
mBotの接続が途中不安定になり、思うように試合が実施できなかった不備もあったので、ロボコン大会はぜひ来年初旬にでも再度開催を予定しています!お楽しみに!

続いて、ハッカソン大会低学年の部 発表会!
計4組による発表が行われました。
お父さん・お母さん、そして審査員を目の前にしてみんな緊張の様子。
それでも元気よく発表したり、どうにか自身が工夫したポイントを伝えようと努力したりと、見ている人もホッコリする発表会でした。
低学年の子たちも少しずつこうした人前で発表する機会に慣れていって、堂々とプレゼンできるようになってもらいたいなと思います!

そして、ハッカソン大会中高学年の部 発表会!
こちらは総勢30名、10チームによる発表が行われました。 過去2回とも審査員としてご協力頂いているアカマツ株式会社赤松様からは、「過去最高にハイレベルな発表会だった!」と嬉しいお言葉をいただきました! なかでも一日を通して嬉しかったのが、これまでは比較的自己中心的な性格だった子が、チームのためにサポート役を買って出たり、役割がなさそうにしている子に積極的に仕事振りをしている様子を見ることができたことです。
プログラミング知識・技能の向上だけでなく、他者とうまく関わり合って協働していくコラボレーション力は私達が大切にしている行動指針のひとつでもあるので、子どもたちが知らない間にそれを実践できるようになっていることに驚きと喜びを感じました。
約2時間半と限られた時間の中で、役割分担を行い、十分に課題を解決することにつながるアイデアを形にして伝えるところまで持っていけたのは本当に素晴らしかったと思います。
私達スタッフや親御様だけでなく、子ども自身も自身の成長を感じられたのではないかと思います。

最後は全員そろって表彰式

今回は、ハッカソン大会低学年の部優秀チームに、アカマツ株式会社様より「アカマツ賞」、ロボコン大会優勝者に、ソフトバンクコマース&サービス株式会社様より「ソフトバンク賞」、ハッカソン大会中高学年の部優秀チームに、サイボウズ株式会社様より「サイボウズ賞」、ハッカソン大会中高学年の部最優秀チームに「最優秀チーム賞」、そして今日一日だけでなく普段の学びの姿勢を評価する「優秀個人賞」の計5つの賞を用意しました。

ハッカソン大会では、各チーム「考える」、「創る」、「伝える」、さらにチームワーク点について審査を行いました。
今回の表彰作品は下記の通りになりました。

アカマツ賞
作品名ハッピーバースデイてっくん!
評価ポイント てっくんを喜ばせる仕掛けが単発ではなく、ストーリーとして用意されており細部まで作り込まれており完成度が高かった(審査員談)

サイボウズ賞
チーム名スマイル
作品コンセプトかけ算、割り算を楽しく学べる勉強シューティングゲーム
内容 ハンドガンやショットガン、スナイパーライフルなど銃の種類に応じて、装弾数×弾の数が変化し、敵を倒しつつ、かけ算の計算もしなくてはいけないシューティングゲーム

最優秀チーム賞
チーム名 格ゲー好きチーム
作品コンセプト 漢字の部首を集めて進んでいくアクションゲーム
内容 敵が「(部首名)のついた漢字を答えてみろ!」と問題を出してくるので、それに答えられるとその部首をゲットして次に進んでいくことのできるアクションゲーム

日頃の学びを評価して、個人賞ゲット!

最後はみんなで集合写真!みんな一日お疲れ様でした!
また来年、もう一回りも二回りも成長した姿に出会えることを楽しみにしています!

成長を可視化したい!という試みとしてのハッカソンイベントをサポートします!

テックプログレスでは、プログラミング教室を開校して子ども達に指導をしている事業者の皆様に、ハッカソンや発表会イベントの実施をサポートさせていただきます。
弊社で使っているアイデアシートや発表原稿、開催マニュアルも合わせてご提供させて頂きます。
ご関心のある方は是非お問い合せてください。

この記事を投稿した教室のご案内
松山はなみずき校
松山はなみずき校は、古川はなみずき通りや椿神社が近い石井地区に位置しています。教室に入るとすぐ目にとび込んでくるのはカラフルな色使い!
教室の壁には子どもたちが作ったロボットやフィギュア、3Dプリンターなどが飾られており、教室というよりまるで遊び場のような空間になっています。
let's try
気軽に
あそびに来てね!
まずは私たちの教室へ遊びに来ませんか?

無料体験・1日完結教室、実施中!
学年、性別、性格問わず誰でも参加できます。
お子さんの好奇心に火がつくかも?!