子ども・小学生のプログラミング・ロボット教室テックプログレス|愛媛県松山市・広島市中区・大阪市北区

問合わせ電話:089−906−8100小中学生向けプログラミング・ロボット制御を
学ぶなら テックプログレス 【愛媛・広島・大阪】
随時 受講生募集中! まずは体験にご参加ください。

教室ブログ

2016年10月28日 更新 広島八丁堀校教室ブログ

子供たちも釘付け!高専ロボコン2016地区大会!!

だんだんと肌寒くなってきました。テックプログレス広島八丁堀校教室長の松澤です。
今月は「アイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト(高専ロボコン)」の地区大会が各地区で行われています。
10月23日(日)は東北と中国地区で高専生による熱い戦いが繰り広げられていました。

広島県からは2校・4チームが出場しました

広島八丁堀校ではもちろん「高専ロボコン2016 中国地区大会」の様子を通学生と一緒に観戦しました。
広島県からは「広島商船高等専門学校」「呉高等専門学校」の2校が出場しており、各チーム見ごたえのある試合をしてくれました!
今回のロボコンでは、各チームが地元を象徴するシンボルを作っています。広島のチームはもちろん、広島土産の定番「もみじ饅頭」や厳島(宮島)神社の「大鳥居」をモチーフとしたシンボルを見ることができました。さらに今話題の赤い鯉(カープ)をシンボルとして作っているチームもいましたよ。

奇想天外なロボットに子供たちも興味深々

高専ロボコンはチームの数だけロボットのアイディアを見て楽しむことができます。
まずは木で作ったロボット。木製のロボットでまず驚きました。このロボットの最大の特徴は、フィールドにある船に乗り、自分で操船します。
どうやら船に付いているキャスターをロボット自身が回して動かしているようです。
もう一つはフィールド中央の大陸へロボットがジャンプして渡る機構です。空気の力を使ってジャンプする姿に、子供たちからも歓声が上がりました。
さらには7m先の大陸まで一気に竿を伸ばして橋をかけるロボットもいて、ロボットが橋をかけた時の会場からの雰囲気が画面越しにも伝わってきました。

高専ロボコン地区大会

作品作りの合間にロボコン見ちゃいます

目指せ!国技館!!

残すは10月30日(日)の四国地区大会のみとなりました。この地区大会が終了すると、全国大会に出場するチームがすべて決まります。
地区大会では思うように動かなかったチームも全国大会では修正して、完璧なパフォーマンスを魅せてくれるはずです!
その全国大会は11月20日(日)に、東京にある国技館(両国国技館)で開催します。
高校野球で目指すのは甲子園であり、高校サッカーで目指すのは国立。同じように、ロボコンをやっている高専生にとって目指すのは国技館です!

高専生は4月末の大会ルールの公開から約半年間、国技館を目指してロボットを作り、地区大会で魅せてくれました。
そんな地区大会の様子は11月13日(日)午前11時〜11時54分、NHK・総合で放送されます。

この記事を投稿した教室のご案内
広島八丁堀校
広島県の中心部「八丁堀」に位置する、テックプログレス第2校目!最大サイズの教室で、森の部屋・ロボットの部屋・宇宙の部屋・自然の部屋とスペースが複数に別れており、それぞれにコンセプトが設定されています。1歩入れば笑顔になれる教室間違いなしです。
let's try
気軽に
あそびに来てね!
まずは私たちの教室へ遊びに来ませんか?

無料体験・1日完結教室、実施中!
学年、性別、性格問わず誰でも参加できます。
お子さんの好奇心に火がつくかも?!